今週のヘッドライン
●NEDO、岩谷産業などロックコンサートに水素で電力供給

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、東芝エネルギーシステムズ、東北電力、東北電力ネットワーク、旭化成、岩谷産業は、ロックバンド「LUNA SEA」が12月26、27日にさいたまスーパーアリーナで開催したコンサートに、福島水素エネルギー研究フィールド(FH2R)で製造した水素による電力供給を行った。

  

●伊藤忠エネクスHL東北、若手主体の改革チーム

 伊藤忠エネクスホームライフ東北(仙台市、内海達朗社長)は、「次世代基盤室」が中心となって、デジタルを活用した事業基盤の構築に取り組んでいる。昨年4月に発足した同組織の6人のメンバーは30代中心。IT全般を日常的に使いこなす若い世代の柔軟な発想を活かそうという考え。奈良坂室長にこれまでの実績や今後の展望を聞いた。


●鈴与商事、子会社を吸収合併

 鈴与商事(静岡市、加藤正博社長)は4日、同社の100%子会社であり、大井川西岸地域で特定ガス導管事業(ガス託送供給事業)を行うガスネットワーク吉田(静岡県榛原郡吉田町、吉村豊社長)を1日付で吸収合併したと発表した。今回の合併により、今後は鈴与商事でさらなる運営、保守、管理体制を強化しつつ、小売事業と託送事業の両輪で同地域における都市ガスの普及・供給を通じた地域産業振興に取り組む。


●エリス、小水力発電で特許

 つばめガスホールディングスのグループ会社エリス(岡山市、桑原順社長)では、07年から取り組んできた「マイクロ水力発電システム」(小水力発電)が着実に広がりを見せている。長崎大学と西日本流体技研(長崎県佐世保市)との共同開発を重ね、実績も積み上げており、今回は新たな特許も取得し、国内をはじめ海外での展開も視野に入れている。