今週のヘッドライン

●全L協、来年度からLPガス快適生活向上運動

 全国LPガス協会は2018年度以降の保安対策について、「LPガス快適生活向上運動もっと安全さらに安心=vを3年間実施する。現行の「LPガス安全応援推進運動すべてはお客様の安心のために=vと同様に、都道府県協会が自県の事故状況を見て、独自に事故防止対策を打ち出す方向を軸とした上で、重大事故(B級以上の事故)ゼロ及びCO中毒事故件数ゼロを目標に掲げ、全国統一の展開を図る。また、近年は他工事事故が増加傾向にあることから、具体的推奨事項に「他工事による事故防止」を追加した。

  

●伊藤忠エネクス、全国機器販売ドリームマッチキャンペーン表彰式

 伊藤忠エネクス(岡田賢二社長)は12月8日、東京・港区のグランドプリンスホテル新高輪で「第4回全国機器販売ドリームマッチキャンペーン」の表彰式を行った。全国7連合会対抗戦では関東HLエネクス連合会が優勝、第2位は中四国HLエネクス会連合会、第3位は東北HLエネクス会連合会となった。


●ジクシス、販売力倍増キャンペーンで表彰・研修会

 ジクシス(土井隆之社長)は11日、東京で「2017年度ジクシス販売力倍増プログラム特別研修&表彰式」を開催した。今年度も同プログラムを5〜9月に全国6会場で各6回実施し、研修の成果を競うポイントランキングが10月末で終了。表彰式に成功事例発表や上長ディスカッションなどを行った。


●トリプルHB車に関心

 近畿LPガス連合会、全国LPガス協会、LPガス自動車普及促進協議会は8〜11日、大阪市で開催された西日本最大級のモーターイベント「第10回大阪モーターショー」(大阪モーターショー実行委員会主催)にトリプルハイブリッド車「RHYBRID CH-R Rescue」を出展。災害対応など関心を集めた。