今週のヘッドライン
●災害時に飲用水提供

 上野ガス(三重県伊賀市、中井茂平社長)は6月2日、三重県名張市(亀井利克市長)との間で「災害時における飲用水提供に関する協定」を締結した。

  

●配送車両にRD燃料採用

 伊藤忠商事(東京都港区、石井敬太社長COO)と、伊藤忠エネクス(東京都千代田区、岡田賢二社長)、ファミリーマート(東京都港区、細見研介)の3社は5月31日、フィンランドの再生可能資源由来の燃料メーカーと協働で、リニューアルブルディーゼル(RD)のコンビニ配送車両に利用すると発表した。ファミリーマートの配送車両の一部でRDを使用する。コンビニ配送車両でのRD利用は日本初。


●新管理棟が竣工

 東邦液化ガス(名古屋市、石原克典社長)が建設を進めていた名港LPG基地の新管理棟が5月28日に竣工した。敷地面積578u、延床面積992u。鉄骨造(一部RC造)3階建てで、震度7相当の耐震性を確保。津波による浸水対策として2mかさ上げした。屋上は津波避難スペースとなるほか、LPガス非常用発電機を設置し、停電時に自動起動して電力を供給する。


●パーパス 75周年式典

 パーパス(静岡県富士市、木裕三社長)は5月28日、「パーパスグループ75周年記念WEB式典」を開催し、木社長の式辞や今までの歩みを振り返るオリジナル動画などを配信した。木社長は、創業75周年を迎えられたことにグループ社員へ感謝を伝え、社員一丸となって「未来を明るく、皆さまを笑顔にする製品およびサービスづくり」にまい進する決意を呼びかけた。