今週のヘッドライン
●環境変化に対応する特約店を支援

 ジクシス(東京都港区、田中惠次社長)は2024年度も「販売力強化」「保安体制強化」「消費者サポート」の3本柱で、特約店向けの販売促進プログラムを展開する。販売力強化では「体感型 スタッフが辞めない良い組織をつくるための研修」「燃転基礎研修+燃転アドバンス研修」「エネファーム販売基礎研修」などを新たに加えた。9日に東京、14日に仙台、15日に大阪、16日に名古屋の各会場で4年ぶりに現地での説明会を行った。

  

●King of Threee

 伊藤忠エネクス(東京都千代田区、吉田朋史社長)は9日、東京都千代田区の東京ステーションホテルで「King of Threee2023」の表彰式を行った。エリア会対抗では、1位がエネアーク中部会、2位が中国ホームライフエネクス会、3位が四国ホームライフエネクス会だった。


●中核充填所訓練

 茨城県高圧ガス保安協会(立原孝夫会長)は8日、「令和5年度茨城県LPガス中核充填所と卸売事業者等との連携訓練」を中核充填所であるミトレン河和田営業所(茨城県水戸市)で行った。令和元年度以来4年ぶりの屋外での開催で、同協会として初めての中核充填所と卸売事業者などとの連携による訓練となった。

 

ノーリツ方針発表会

 ノーリツ(神戸市、腹巻知社長)は6日、帝国ホテル大阪で2024年方針発表会を開催。関西ノバノ会のLPガス事業者や住設店など42社80人が出席した。今年度からスタートさせた3カ年中期経営計画「Vプラン26」とともに、24年経営方針を説明した。

 

 

千葉県特集
「三方良し」を活動理念に掲げつつ
LPガスの存在感、ブランド力を向上