今週のヘッドライン
●全国LPガス協会、カーボンオフセット導入を推進

 全国LPガス協会(秋元耕一郎会長)は18日、「LPガスのカーボンニュートラル対応検討会」中間報告について発表記者会見を行った。会見の中で村田光司専務理事は中間報告の位置付けについて、LPガス販売店事業者に対しカーボンニュートラル(CN)に真摯(しんし)に取り組むことを求めた“メッセージ”であるとし、「今からやれることをやっていかないとエネルギー間競争に負けてしまう」と強調した。また今後について、CO排出権が付与されるカーボンオフセットの導入に取り組み、グリーンLPガス実用化前のトランジション(移行)期間中に、LPガスの脱炭素化を図る考えを示した。

  

●全L協に要請

 資源エネルギー庁石油流通課は11日、全国LPガス協会と日本ガス協会に家庭用給湯器の供給遅延問題で協力要請を行った。両協会の会員事業者に@家庭用給湯器の修理対応に万全を期すことA修理対応が困難な場合、仮付け給湯器の設置など適切な対応に努めること――を同省製造産業局生活製品課などと連名で求めた。


●伊藤忠エネクス新春動画

 伊藤忠エネクス(東京都千代田区、岡田賢二社長)は5日から、岡田社長はじめ各グループ会社社長などによる新年あいさつ動画の配信を、特設Webサイトで行っている。新型コロナウイルス感染症拡大の影響で中止とした賀詞交歓会に代わるもの。動画の中から、LPガス関連のあいさつについて紹介する。


リンナイ「新春の会」

 リンナイ(名古屋市、内藤弘康社長)は13日と14日の2日間、毎年恒例の「リンナイ新春の会」を、昨年同様にオンラインで配信で実施した。内藤社長が今年の経営方針を語ったほか、各地区リンナイ会会長がこれからの1年を展望する抱負を語った。各地区リンナイ会は次の5つ。関東リンナイ会・川本武彦会長、関西リンナイ会・畑廣彦会長、中部リンナイ会・東狐光俊会長、中国リンナイ会・葛山修治会長、四国リンナイ会・須賀秀行会長

東洋ガスメーター、メーターに一体化
  東洋ガスメーター(富山県射水市、水越靖社長)は、LPガス用超音波式ガスメーター(E型保安ガスメーター)に一体化可能なIoT対応NCUのラインアップに、NTTテレコンの「LPガススマートメーター向け通信ボード(グゥとびくん・M)」搭載タイプ(TR−LT1)を追加する。対応するガスメーターはE、E4、EB6の各保安ガスメーター。販売開始は1月から。