業界天気図

サイサン環境保全基金、助成申請募集開始  
小・中・高の地域環境保全にかかわる活動などにも助成

  公益財団法人サイサン環境保全基金(川本武彦代表理事)は、埼玉県における環境保全活動を支援するため、2021年度の助成申請の受け付けを開始した。
  助成対象は、埼玉県内における自然の環境保護や保全などの活動で、1団体当たりの助成額上限は250万円。財団ホームページ(http://saisanec.org/)から入手できる所定の申請フォーマットで財団へ申請し、助成の可否は、審査委員会の審査を経て21年3月上旬に決定する。
  同助成は市民団体の環境保全活動とともに、学生と市民が共同して大学周辺で行う環境保全活動、環境保全活動団体同士が連携して行う活動なども対象としている。また、小・中・高校における地域の環境保全にかかわる部活動や委員会活動に対しても上限10万円の助成を行う。
  同財団は、98年4月に設立され(11年4月に公益財団法人へ移行)、埼玉県内で環境保全活動に取り組むNPOや民間団体などの活動を支援してきた。23年間にわたる支援活動で、のべ955団体、約3億9000万円の助成を行った。2020年度は、森林・里山保全等に9件、見沼・水田保全等に9件、河川浄化・自然環境保全等に13件、温暖化防止等に1件、環境教育等に12件、合計44件の活動を助成した。助成団体の環境保全活動・成果、助成による発行物などは財団のホームページで紹介されている。