業界天気図

ノーリツ、普及価格帯ガスコンロ 「Fami」
3月1日リニューアル発売

  ノーリツ(神戸市、腹巻知社長)は、普及価格帯のガスビルトインコンロ「Fami(ファミ)」の清掃性とデザイン性を向上させてリニューアルし、3月1日に発売する。
  同機は使いやすさと求めやすい価格を両立させたコンロ。リニューアルでは、カバー機能を一体化した「ラックリングゴトク」と、凹凸を抑えた形状で汚れを落としやすいセラミックコーティングを施した「カバーレスバーナーキャップ」を新採用。ゴトクとバーナーキャップを刷新して、バーナーまわりの清掃性を高めるとともに、天板がすっきりと広く見える印象になった。また、全てのバーナーに「低荷重センサー」を搭載。250g以上の重さの鍋であれば安定して置くことができ、安心して調理ができる。
  オートタイプの左右の両バーナーは、コンロ調理タイマー・温度調節機能・高温炒め機能・湯わかし機能を備えており、左右のコンロで同時に便利な調理機能が使える。また、無水両面焼きグリルのオート調理機能では、焼き網を使って魚を自動で焼くことはもちろん、付属のクックボックス(グリルプレート波型+油はねガード)を使用して、「トースト」「あたため」「焼き魚」のメニュー選択による自動プレート調理が可能。クックボックスを使うと、焼き網に比べて油はねを99・9%カットするため、調理後のお手入れも簡単だ。
  希望小売価格はオートタイプ(オートグリル付)天板幅75pが16万円〜、スタンダードタイプ天板幅75pが14万3000円〜、2口タイプ13万円(いずれも税抜)。