業界天気図

ENEOSグローブ、販売優秀作品集を作成
昨年度キャンペーンから3事例を紹介

  ENEOSグローブ(岩井清祐社長)は、「ECO&EARTHキャンペーン」2018年販売成功事例部門優秀作品集「お客様の“心”をつかめ!」を作成した。昨年の同キャンペーン「販売成功事例部門」で上位入賞した3事例を紹介している。
  最初の事例はダイプロの宮迫宏大さんで、営業担当者とのチームプレーによる販売優秀事例を紹介。営業担当者が消費者宅を訪問した際の1分間スピーチをロールプレイング・意見交換で磨いた。担当者が消費者宅を訪問し給湯器について話を聞いてもらう糸口を作り、宮迫さんが訪問しクロージングトークで既築エネファームを成約した。
  次の事例は日米礦油の田中正道さんで、地域密着型LPガス会社による販売優秀事例。参加全チームに賞品提供する地元小学生のソフトボール大会を主催し、会場でガス衣類乾燥機を貸し出したところ、口コミで使った感想が拡散。デモ機でよさを知った施主の依頼により、オール電化で建設中の戸建にガス衣類乾燥機を設置した。
  最後に紹介しているのは、富山・ハシモト・エネルギーの唐沢匡輔さん。ガス衣類乾燥機をきっかけに灯油ユーザーの燃料転換に成功。自身の経験からガス衣類乾燥機の利便性を伝え顧客とイメージを共有。ガス衣類乾燥機を無料レンタルし「家事ラク」「家事の時短」などの快適生活を実際に体験させた。LPガス容器を設置することでIHコンロからビルトインコンロ、灯油ボイラーからエコジョーズへの設置につながり、電気や灯油からLPガスへの燃転に成功した。