業界天気図

エルピーガス振興センター、社会福祉・医療法人など28件
災害対応型バルク等導入補助金交付先決定 

  エルピーガス振興センター(岩井清祐理事長)は7月10日、「令和元年度補正災害時に備えた社会的重要インフラへの自衛的な燃料備蓄の推進事業費補助金(災害バルク等の導入に係るもの)」、いわゆる災害対応型バルク貯槽導入補助金の交付先を決定した。
  同補助金は、大規模災害などの発生に備え、避難困難者が多数発生する医療施設や福祉施設、公的避難所となることが想定される施設などを対象に、LPガス災害対応型バルク関連設備の設置費用を補助するもの。LPガス災害対応型バルク貯槽やLPガス容器、LPガス発電機、GHPなどの機器や設備が補助対象となる。
  今回決定した交付先(申請者、所在地)28件は次の通り。
▽三光(北海道)▽グリーンケア(大阪府)▽BPN(福岡県)▽岩出市(和歌山県)▽医療法人弘仁会(大分県)▽親孝行(愛知県)▽社会医療法人清和会(島根県)▽社会医療法人清和会(島根県)▽医療法人閑谷会(岡山県)▽美濃市(岐阜県)▽菊池正知(岩手県)▽社会福祉法人光栄会(和歌山県)▽特定医療法人恵済会(徳島県)▽医療法人社団幸信会(滋賀県)▽社会福祉法人和歌山社会事業協会(和歌山県)▽フィデアリース(山形県)※共同申請者=アラマサ(同)▽宜野湾ガス商事(沖縄県)※共同申請者=ふれあい介護センター(同)▽あいづや(栃木県)▽社会福祉法人本荘久寿会(秋田県)▽上松町(長野県)▽富士酸素工業(静岡県)▽医療法人金上仁友会(宮城県)▽函館米穀(北海道)▽社会福祉法人池田博愛会(徳島県)2件▽社会福祉法人志度玉浦園(香川県)▽環境開発(北海道)▽医療法人至誠会(大分県)