業界天気図

コージェネ財団、「コージェネ大賞」7月から募集開始
@民生部門A産業部門B技術開発部門の3部門 

  コージェネレーション・エネルギー高度利用センター(=コージェネ財団、柏木孝夫理事長)は、7月1日から「コージェネ大賞2020」の募集を開始する。
  コージェネ大賞は新規性・先導性・新規技術および省エネルギー性などにおいて優れたコージェネ(熱電併給)を表彰する制度。コージェネの有効性について社会への認知を図るとともにコージェネの普及促進につなげることを目的に12年に創設した。
  応募対象はコージェネの設置または技術開発に携わる個人、グループ、法人(会社、団体)および地方公共団体など。応募区分は@民生部門A産業部門B技術開発部門――の3部門になる。
  応募締め切りは8月31日。財団ホームページ(https://www.ace.or.jp/)上で応募申請書類を作成する。学識経験者の審査などを経て12月上旬に結果を発表予定。各部門ごとにそれぞれ理事長賞、優秀賞、特別賞を表彰し、表彰盾を授与する。表彰式は21年2月に都内で開催する財団主催のシンポジウムで実施する。
  受賞した団体・企業はPRなどのためにコージェネ大賞のロゴマークの活用が認められる。