業界天気図

中部電力とKDDI、提携しセット販売開始
中部エリアで通信組み合わせ「auでんき」提供

  中部電力とKDDIは、3日から中部エリアにおいて中部電力の電気とKDDIの通信サービスなどを組み合わせた「auでんき」の提供を開始した。両社の提携による「auでんき」は、KDDIがau携帯電話の顧客向けに販売し、中部電力が電気を供給する。
  現在、KDDIが提供する「auでんき」と同様にau携帯電話などとセットで利用することで、電気料金に応じて最大5%相当分のWALLETポイントを還元する「auでんきポイントで割引」、電気使用量や電気料金をスマートフォンなどで簡単に確認できる便利な専用アプリケーション「auでんきアプリ」も利用できる。
  さらに、両社の提携による「auでんき」を利用の顧客は中部電力の家庭向けウェブサービス「カテエネ」に加入し、各種コンテンツを利用することで「カテエネポイント」をためることができる。「カテエネポイント」はKDDIが提供する総合ショッピングモールサイト「Wowma!」やau携帯電話の機種変更などで利用でき、WALLETポイントなどにも交換が可能となる。
  加えて、6月から販売を開始した「カテエネガスプランfor au」と「au携帯電話」「auでんき」を合わせて利用することで、ガス料金2%相当分のWALLETポイントが還元される「トリプルセットポイントで割引」が適用される。