業界天気図

富山県、地球温暖化防止活動推進員を募集
養成講座を実施、県民への知識普及などに注力

  富山県は、地域に根ざした地球温暖化防止活動を行う「地球温暖化防止活動推進員」を募集・委嘱している。現在75人の委員が県民に対し地球温暖化に関する知識の普及を行っている。このほど同推進員を新たに養成するため、とやま環境財団と連携して養成講座を実施している。
  推進員は、@日常生活で自ら地球温暖化防止活動を実施A県民に地球温暖化の現状および防止策について普及啓発などを実施B国・県・市町村・とやま環境財団が実施する地球温暖化対策の施策に協力――に取り組んでいる。
  活動例として、とやま環境チャレンジ10事業(10歳の児童が家族とともに地球温暖化防止の取り組みを実践・自己評価)で「環境チャレンジ教室」を実施し、地球温暖化問題について児童に分かりやすく説明。エコライフイベントでの意識啓発、とやま環境フェアでの普及啓発、地域での普及啓発などもある。
  養成講座日程は7月29日の第1回(サンシップとやま)から来年2月まで計5回。3回以上の受講修了者から推進員を委嘱する。任期は2年。
  問い合わせは、県環境政策課地球環境係(電話番号076−444−8727)まで。